上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
『ポラーノの広場』~星降る夜の宮沢賢治

▼紹介
宮沢賢治の短編小説『ポラーノの広場』を軸に、様々な宮沢賢治
作品のエッセンスを取り込み、賢治の美しい言葉の魅力あふれた、
音と光の叙事詩を紡ぎだします。
大人の観客にはせつなく、子供の観客には楽しいそんな宮沢賢治
独特の世界へとご案内します。

▼あらすじ
『ポラーノの広場』は、盛岡で青春時代を過した宮沢賢治の作品。
物語は以前“モリーオ市”の博物局に勤めていたキューストが、
「イーハトーヴォのすきとほった風、夏でも底に冷たさをもつ青い
そら、うつくしい森で飾られたモリーオ市」で過ごした日々を回想
するという形式がとられています。“ポラーノの広場”はモリーオ
市の郊外にあると伝えられる野原のまん中の祭りの場所。
「そこへ夜行って歌へば、またそこで風を吸へばもう元気がつく」
とか、オーケストラがあって「誰(たれ)でも上手に歌へるやうに
なる」と言われています。
ところが、山猫博士というあだ名のデステゥパーゴたちが、こうし
た祝祭的な場を選挙のための酒盛りの場にしてしまいます。むかし
のをポラーノ広場を自分たちの手に取り戻そうとするキューストと
その友人たちと、山猫博士らとの争いを経て、キューストたちが
「むかしのほんたうのポラーノ広場」を自分たちの手でつくろう
と誓いあうまでが、賢治独特の美しい言葉でつづられています。

▼公演日程
2007年3月17日(土) 18:00開演
2007年3月18日(日) 14:00開演/18:00開演
受付開始は開演の60分前、開場は開演の30分前。
整理番号順のご入場となります。

▼会場
新百合21ホール?<小田急線新百合ケ丘駅北口徒歩2分>
小田急線新百合ケ丘の改札を出たら左に進み、階段を降ります。
そのまま進行方向に進むと目の前に「新百合21ビル」が見えます。
建物の地下2階が劇場です。

▼出演者
三橋麻子 村上哲也 岡田宗介 小田さやか
あきやまかおる 杉村誠子 谷口直子
綾田將一(reset-N) 金子由菜 小林紀貴 住吉梨紗 平佐喜子
森山冬子(ク・ナウカ)

▼スタッフ
構成・演出:倉迫康史
美術:伊藤雅子
照明:木藤歩(balance,inc)
音楽:棚川寛子
音響:水村良(AZTEC)
衣裳:竹内陽子
舞台監督:弘光哲也
宣伝美術:ハコファクトリィ
制作:河合千佳
主催:川崎市 
共催:Ort-d.d
後援:川崎市教育委員会 財団法人川崎市文化財団
   財団法人川崎市生涯学習財団
協力:(株)プレルーディオ NPO法人アートネットワーク・ジャパン

▼チケット前売開始日
Ort-d.d先行発売:2月1日(木)?一般発売:2月16日(金)
▼チケット料金(日時指定・全自由席・前売、当日共)
一般:2,000円?子供:1,000円(中学生以下)
▼チケット取扱
1.Ort-d.d(2月1日より先行受付!)
電話申込 090-6486-6196
2.川崎市生涯学習財団新百合分室(新百合21ビル地下2階)
窓口販売 044-952-5000 (9:00-17:00)
3.市民文化室
電話申込 044-200-2280(9:00-17:00、当日受付での精算となります)
▼問い合わせ先
川崎市市民文化局?Tel.044-200-2280




















スポンサーサイト
|03/12| 演劇コメント(1)TB(0)
kurasako
情報掲載ありがとうございます!
すごくいい空間が立ち上がっていますよ。
お待ちしています!
2007/03/16 01:26* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://zupa.blog51.fc2.com/tb.php/80-04ceb002
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。