上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
P1000269.jpg

倉迫さんがフル回転です。
この3人でこれを、この2人でこれ、
今度はこの2人で、そこでこの2人があれを、
と次々と役者さんを組み合わせてはシーンの指示をしています。
ハイスピードです。
「ここからここまでを全部覚えて下さい」
と台詞を指定され、ボーっとする真弓さん。
ちゃぶ台の前で台詞を確認する八代さん。
「俺、段々理不尽に慣れてきた」と言う牧山さん。
うひゃひゃとおどけている藤谷さん。
一人離れてサロメを読んでいるカナミさん。
そんな中からぼそっと
「1度にそんなに言われてもできないなあ」
と大井さん。
「思いついた時に言わないと、僕、忘れるんです」
と倉迫さん。
そんなやりとりは見ていて面白いです。

細かいイメージシーンが繋がり、作品の流れができていきます。
既成台本をそう扱うかとは違った進め方は、先が読めません。
それが、今回の見所になるんでしょうね。

浅野
スポンサーサイト
|11/16| 演劇コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://zupa.blog51.fc2.com/tb.php/34-c241434e
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。