上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
たくさんのお客様にお越しいただきまして、本当にありがとうございました。

初演から半年も経っていないのに再演をしました。
それは、偶然楽園と言う劇場に出会ったからではありますが、
この作品を成長させたいなと思ってたのだと思います。
 
zupaという集団は様々な畑からの人間が集まる集団で、
みんなばらばらなので、芝居が日々変化していきます。
そこがまた面白いところ。
稽古から本番終了まで、全員攻め攻めで進みます。
だから、『幻想の虹』という作品は1回終わったけれど、
そこにいた人間は走りだしたままだったんですね。
だから、今回も集まって実現したのだと思います。

初演のあと、山の手事情社の御大から
「もっと汚くやりたかったんじゃないの?」
と言われました。
汚いというのは、人間の本質をどろっと見せろよってこと。
自分の欲望をゴロっとだし、それを相手にぶつける
人間の我侭。
独りになりたくて周りを排除したのに、寂しさに勝てない
人間の哀愁。
こうしてほしい、こうするな、独りにしてくれ、あたしを見て、
汗、筋肉の張り、ほこり、涙、血、臭い、人間から出る
いろんなものをもっともっとぶつけ合いたいと考えました。
そういうことを、この集団ではできる。
1人が出せばみんなから返ってきます。

劇団と言う集団はある程度ツーカーなところがあって、
それが同じ目的の中で高め合うことができるけれど、
ここではそれは通用しませんでした。
演技論から違うし、「ツー」と言えば「何言ってんだよ」と返って来るような
集団でした。

zupaは演出家も含め、役者という個人がよく見える集団です。
それはとても大事なこと。
ただ、役者だけでなく、今後は作品がもっと見えるような集団にしていきたいと
思います。

ああ、言いたいことをまとめるのは難しいな。

次はどんなメンバーで何をしようか、これからゆっくり考えます。

Tシャツとバッチが少し余りました。
後日情報を掲載させて頂きます。

水寄真弓

スポンサーサイト
|05/31| 演劇コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://zupa.blog51.fc2.com/tb.php/121-9cf2a320
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。