上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
こんにちは~
今日もzupaの稽古場からレポートをお送りします

今日は稽古前に、
真弓さん、牧山さん、藤谷さん、果南さんで、
山の手事情社の「ファウスト」のゲネプロを見にいってきたようです。
「あのエロいシーンは参考になった」と果南さん、制作熱心ですね。
それにしても、どんなエロいシーンだったのでしょうか?
気になります。

昨日の通しを受けて、
プロローグから第一幕のおわりまでを細かく稽古していきました。
シーンがたくさんあるのでつなぎが大変なのです。
倉迫さんは今日は、椅子に座って見ているのでなく、
立ったまま、実演したりして演出をしています。
これぞ、倉迫節!
ここにきて、本格的に演出がはじまった印象を受けました。
倉迫さんが制約や歪みという演出をつけていくシーンや、
役者さんが自由にやるシーン、様々あって、全体の流れになっていくのですね。
ふむふむ。

と、今回の衣装を担当してくださる竹内陽子さんが、
稽古場に荷物を抱えてやってきました。
そう、荷物のなかみは本番の衣装でぇーーーす!
ということで、稽古のない役者さんから衣装合わせスタート。
おー、わー、きゃー、カッコイイ、セクシー、
(詳しくお伝えできずにごめんなさい。本番を楽しみにしてくださいね。)
「サロメ」「カリギュラ」ワールドだー、素敵です。
それぞれに衣装が違うのですが、
それぞれにとても似合っています。
竹内さん、流石です!!
役者さんは衣装をつけて、とても楽しそう。
動きをチェックしたり、直しを入れる部分を竹内さんと相談したり。
この衣装をつけて、いままで出来たシーンをやるとどう見えるだろうかと、
私めも考えてみるのですが、
うーむ、未知数。
面白い世界になりそうです。
本番をお楽しみに。

明日は第二幕の作りこみへと進みます。

写真は衣装担当の竹内陽子さん。
倉迫さんのお芝居にはかかせない存在です。
いつも役者さんそれぞれにあった素敵な衣装を作ってくれます。


IMG_30.jpg

スポンサーサイト
|11/30| 演劇コメント(0)TB(0)
取手の小学校での公演を終えて、
戻ってきました、演出助手あさのです。

もう十一月も明日でおしまいですね。
ということは、もういーくつ寝るとー、小屋入り日ー。
あと一週間です。
はやいですねー。
来週末には皆さんにzupaのクリスマスをお届けできますよ!
ぜひぜひお誘い合わせの上、見に来て下さいね。

今日は19時半から全体を通すということで、
役者さん方は稽古場にやってくると、気になるところを自主稽古の模様。
通し前には腹ごしらえもかかせません。
八代さん、真弓さんはカップラーメンを食しています。
真弓さんは山菜そばです。いい匂い。

と、視線をうつすと、
牧山さんと藤谷さんがあるシーンをあわせています。
「なんかきもちわるいな」とセリフや動きを直しつつ、覚える作業。
牧山さんは、家庭で調理につかうありふれたアレを、
「どうしたらかっこよく見せられるか」と奮闘中。

と、また視線をうつすと
大井さんと果南さんがあるシーンをあわせていま、す。
あれ、女性と男性を入れ替えてやっている模様。何故?
それにしても、大井さんはエロカワイイです、セクシーです。

と、腹ごしらえを終えた八代さんと真弓さんが、
それぞれ気になるところを自主稽古。
役者さんが演技を構築していく様子をまじまじと見ることはあまりないので、
ひそかに見入ってしまいました。

いつのまにか19時半になり、
倉迫さん登場です。
制作の河合さんも見守るなか、通しが始まりました。
シーンが様々あって、キャラクターも様々な上、
小道具や出ハケの場所を気にしなければならないので、
役者さんは大変です。
それでも、大きく止まらずに続けていけるのは流石。
おー、つながりましたー。パチパチパチ。
本当にもりだくさんで、おなかが満たされます。
通し後、倉迫さんから、
おおまかにダメ出しがあって、今日は終了です。

明日は一幕ぐらいまで細かく作り込んでいくそう。
zupaの「幻想の虹」ワールド、
ますます濃ゆーくなっていく予感。


浅野

|11/29| 演劇コメント(0)TB(0)
浅野ちゃんも実は女優さん。
今日は本番があるのでこちらはお休みです。
またもやピンチヒッター123番、水寄がお届けいたします。

家を出るとき、原付のオイルがなくて一旦引き返し、
さらに忘れ物をしてまた引き返し、イライラしながら稽古場到着。
ペットボトルで水を飲もうとしたら、こぼしまくり、
大井くんから「いつもそのくらい弱いところを見せればかわいいのに」
と言われる。
そうか、水をこぼすとかわいいのか、覚えておこう。

18時。ほぼ完成の台本が配られる。
    完成しているのは台本であって、芝居はまだまだ発展途上の最中。
18時15分。先日印を付けた「さんかく」(もうバツはないのよ!)
    をまるにしようということで、さんかくから開始。
    倉迫くん、どんどんみんなに演技をつける。振り付けのようだ。
    山の手事情社ではこんな感じでは演出家から指示が出ない。
    とても新鮮。
20時。「次のところをおさらいしておいて下さい、15分後に始めます。」
    と倉迫くんが消える。やっとの休憩でみんな一休み。
    大井くんがカップラーメンを作り始める、が、倉迫くんが現れ、
    稽古が始まったので合間に食べながら稽古に取り組む。
21時半。「マッキー(牧山くん)、ここはクールにやってみて。」 
    と新しい指示が出る。その途端、マッキー台詞がわやわやになる。
    相手方もそれにつられてわやわやになる。
21時50分。稽古終了。

明日は(これを書いているのは11/29だから今日だけど)全部通す。
鼻息荒く、気を引き締めていこう!!

水寄でした。
   

|11/29| 演劇コメント(0)TB(0)
めっきり寒くなっていますね。
みなさまも風邪にはお気をつけ下さい。

今日は14時に音響さんがいらっしゃるため、今できていることを
一通りお見せする日です。
12時には役者さんがぞろぞろとやってきました。
真弓さんが黒板に構成を順番に書き出して、
「これを段階分けしよう。ほぼ形が見えているのがピンク、
 まだ少し課題有りが黄色、全然見えていないが青で色分けしよう。」
「まる、さんかく、しかくでいいよ。」
「しかくってなんだよ、バツだろ。」
と議論した後、段階に分けられました。
書き出してみると結構数があります。バツ、もあるな・・・と考えていたら、
早速みなさん、バツ部分から稽古を初めていらっしゃいました。

14時、音響さんご到着。
選曲は斉見さんオペを大西さんがされます。
斉見さんはいつも山の手事情社さんの音響をされていて、
今、公演中でお忙しいのにいらしていただきました。
大西さんは本業は女優さんだそうです。
お二人は真弓さんご推薦で今回お願いいたしました。

さて、いよいよ頭っからできているところを通してみます!
久しぶりに見るシーンや、いつのまにか随分変わったシーンが
次々と行われて行きます。
バツがついていたところは倉迫さんが手直しをいれながら進みます。
遅れて照明の木藤さんご到着。
木藤さんはOrt-d.dさんや山の手事情社さんでもオペをされていいます。
山の手さんでは、「ハイジ」と呼ばれていらっしゃるそうです。
気がつけばもう16時半!
そして全部のシーンをやってしまいました。
すごい!!
通してみて、改めて今回の作品の見方を考えました。
印象を抜き出して1つの作品にすると聞いた時は、いまいち
ぴんとこなかったのですが、面白いです。
そしてもっと面白くなるような予感、いや、確実に面白くなると思います。
サロメやカリギュラを知らない方もじゅうぶんに楽しんでいただけるでしょう。

終了後、黒板にバツが減っていました。
その後、音響さんは山の手事情社さんの公演に行かれ、倉迫さんも
別の仕事に行かれました。
残った役者さんは帰るのかなーと思ったら、おもむろに全員で
ラーメンを食べ始めているではないですか!?
P1000278.jpg

そしてバツ印の稽古を始め、今日の稽古終了時には
バツは1ッ個もなくなっていました。

この現場のハイスピードとエネルギーに、乾杯!

あ、牧山さんが八代さんからガンダムのマンガを借りていて、夢中で読んでいました。
P1000279.jpg


浅野
|11/27| 演劇コメント(0)TB(0)
風邪からなんとか復帰して稽古場に戻ってきた浅野が、
今日はブログを担当します。
皆様も風邪には気をつけてくださいね。
切ないぐらいおなかが痛くなりますから。

さて、と、
稽古場に行くと、
またまた「地元の花組フアン」様から、
おいしそうなパンの差し入れがありました。
皆でおいしく頂きましたー。
ごちそうさまです。

今日は牧山さんがお休みなので、
牧山さんのいないシーンを頭から稽古していきました。
段取りなどがもう固まってきたので、
小道具の受け渡しや出ハケの位置を意識しながら稽古していきます。
また、間やセリフのタイミング、ニュアンス、シーンの並べ方等、
細かいところも演出家や出演者の皆さんで、
あーだこーだ、と話しながら詰めていっています。
シーンの並べ方では、ちょっと問題になって、
「こことここを交換するわけにはいけないかなあ」
「それもありだなあ」
「でもこことここが並んでるのはちょっとうるさいかなあ」
全体を見通してシーンの並べ方にまで意見を持てるのは、
さすが、経験のある役者さんたちだなあと、
尊敬のまなざしで惚けてしまいました。
と、
「ちょっと、まって、なんかみえてきた」と倉迫さん。
黒板前に走り、問題になっていたシーンと後半最後までのシーン順を、
チョークでかきつけました。
おお、
シーンでのキャスティング変更はあるものの、
ピーンと通った感じです。
明日実際にみてみるのが楽しみです。

実は本日は、我等が演出家、倉迫さんの誕生日!!!
zupa稽古期間に誕生日を迎えられるなんて幸せですねー。
zupaの出演者の皆さんからはお酒をプレゼントされました。
稽古場にちょうど来ていた棚川さん(Ort-d.dでは音楽を担当してもらっています)からは、
倉迫さんのいつも吸っている煙草をプレゼントされました。
私もクリップ付きミニLEDライトを差し上げました。

写真は37歳になった倉迫さんです。プレゼントを胸に明後日の方向を向いています。

IMGP0373.jpg




浅野
|11/25| 演劇コメント(0)TB(0)
浅野ちゃんが風邪でお休み。
ピンチヒッター123番、水寄です。

今日は大井クンにインタビュー
み「zupaの稽古はやっていてどうでっか?」
お「稽古は楽しいよ~ん」
み「それから?」
お「まだやってないシーンがあるじゃ~ん」
み「だから?」
お「不安だよ~ん」
P1000276.jpg

でした。

えーっと、本日の稽古内容は、あ、衣裳の竹内さんが早速デザイン画を
持っていらっしゃいました。
素敵・・・。
と思いつつ、大丈夫だろうか、私、着こなせるのか!!!!!
というような女っぺーデザイン。頑張ろう。。。。

えーっと、今までのところのブラッシュアップをしました。
おいらのシーンが、どんどん可笑しくなっていくのは何故だろう?
他でびしっと決めろってことですね、クラッチ(倉迫)さん。
わかりました。

初めて見るシーンもあり。
ほほー、お前らそうくるか!
じゃこっちはこう行くぞーっと闘いは始まりません。

新しいところも、台本からはおよそ想像できないものに
なっています。
うーん、ちょっと遊び過ぎかなあ。。。?

その後美味しくて安いいいお店に飲みに行って、
舞台と映像の世界の違いについて、そして今私たちが
舞台を選んでいる事についてなど、稽古よりも真面目な話を
して1日が終わりました。

ご拝読、ありがとうございました。

みずより
|11/25| 演劇コメント(0)TB(0)
中盤の台本が配られました。
その説明と、後半がどうなるか説明が会った後、
新しいシーンの稽古です。

藤谷さんが書いてきた台本です。
1日で3枚も書いてきたのを、1日で倉迫さんが内容を
まとめたものです。早いな~。
なんだか変な感じのするこの場面は、稽古中にも
加速をまし、面白い方向へ流れて行ってます。
ま、牧山さん、声がでかすぎです!でも素敵な声です!

そのあともまた新しいシーンの稽古です。
今度は全員で。
牧山さんが1日で書いてきた台本です。
藤谷さんがとか牧山さんがというのは、先日の宿題で
みなさんに提案していただいたものなので、
本人に書いてきてもらった訳です。
というか、お二人の場合は、提案の時点で台本になってましたが。
まず、牧山さん台本を1回やってみたあと、
疑問が出てきました。
「この台本はテーマが3つあるから絞った方がよくね?」
さて、誰が言ったのでしょう。ムフフ・・・内緒です。
そこで、その中の1つに絞ってやってみました。
結構難航しています。
結局、ここでどんな事を話せばいいのか、というところで
話がつまり、明日への課題として残りました。

更に新しいシーンの稽古です。
ああ、今日はハイスピードです!みなさん、頑張れ!
これも全員です。
ここはどうやら絵が見えているようで、あとは詰めて行くだけ
という感じで終了しました。

1つ1つが個性的なシーンで、お客様には
「これが好きだったな」と選んでいただけるような
見方をしていただいても良いかもしれない、
そんなお芝居になりそうです。

浅野
|11/24| 演劇コメント(0)TB(0)
衣裳の竹内さんがいらっしゃいました。
倉迫さん、真弓さんからイメージが伝えられ、各役者の
イメージを伝えてらっしゃいました。
竹内さん、明後日にはデザイン画を描いていらっしゃるそうです。
すごいですねー。

今日は、昨日の宿題から始まりました。
どんな宿題か、ヒントだけでも。
サロメやカリギュラに’(”)$&””0)=”です。
ははっ、すいません、わかりませんよね。
皆さんがアイデアを出すのですが、台本をばっちり作ってきた人、
大枠で考えてきた人、宿題とは全然違うアイデアを考えてきた人
様々でした。
さっそく打ち合わせが始まり、
合間に差し入れで頂いたカップラーメンを食べ、
実際にシュミレーションしてみて、2つ程発表されました。
1つはとってもイメージなシーン。
1つは意外とほんわかするシーン。
サロメとカリギュラがほんわか!?
これは舞台にのってからのお楽しみです。
P1000275.jpg


もうアイデア出ないよ~といいながら、どんどん新アイデア
出てますよー。きっとまだ出てくるんでしょうねー。
とは実際に皆さんに言ったら「浅野も考えろ」と言われそうなので、
言いませんでした。

浅野
|11/22| 演劇コメント(0)TB(0)
またまたお客様から差し入れを頂きました。
ありがとうございました!
バナナやみかんを食べながら、体を動かす役者さんたち・・・
と思いきや、じゃれているのですか!?
なんだか、全員が兄弟のようになってきています。

倉迫さん登場。
2日間お休みだった倉迫さんが、今考えている題材の
持って行き方を話されました。
『虹の架かり方』と申してみましょう。
なーんて、これは真弓さんが言った事です。
これから何をすべきか、どうしていきたいのかを役者さんたちの
意見も聞き、進めて行くようです。

それでもって、今日は、出来上がっているっぽいシーンを発表です。
男性3人のシーンは毎回アドリブが入って面白いです。
でも時間が長かったり短かったり。
男1、女2でやるシーンは、倉迫さんの演出でどんどん迫力が増します。
女1、男3でやるシーンは、想像していたのと全然違いましたが、
笑ってしまいました。この前はいやらしかったのに。
男1、女1の2人のところは、「完成形?」と思うほどの素敵な出来。
女2のところは、妖しい空気が漂います。
男1でやるところは、切なくなりました。

これでもまだ半分以下です。
どんどん形が変わったりしていますが、『虹の架け方』は
良い方向に向かっています。
7色以上の虹になるかもしれません。

浅野

|11/22| 演劇コメント(0)TB(0)
ご予約いただいたお客様にお知らせです。

ご予約完了されたお客様には、順次お手元にチケットをお届けしております。
もし、ご予約日程とチケットの日程が違うというお客様がいらっしゃいましたら、
zupa_miku@yahoo.co.jp
までご連絡下さいませ。

お手数ではございますが、今一度、ご確認のほど
よろしくお願いいたします。


制作部 
|11/20| 演劇コメント(0)TB(0)
今日はお休みです。
昨日みんなでいつものお店で飲んでいた時、こんな話が出ました。
「カリギュラとサロメに対して、難しいと言う抵抗感がお客さんに
あるのじゃないか?」
です。
なので、難しくないよーんという説明をしようと思います。

「カリギュラ」
暴君で知られている皇帝のお話。妹ドリュジラの死によって、
永遠の孤独を手に入れようと訳の分からない事をやりだし、言い出します。
最後は部下に殺されます。

「サロメ」
王エロド(養父)と王妃エロディアスの娘、王女サロメ。
エロドの誕生日に予言者ヨカナーンを見て恋をします。
受け入れてもらえないサロメは、王にヨカナーンの首を所望し、
その首を切って口づけをし、押し殺されます。

2人とも殺されるんですね。

このお話はよくできていて、そのままやれば難しいけど
素敵な作品になる事は間違いありません。
zupaは違います!
両作品からび印象を抜き取り、別の作品にしてみようという
ユニットなんですー。

これも訳わかんないですね。

例えば、「サロメの台詞って読んでてエロい」
と思えば、男女で『エロい』シーンを作ってみます。
例えば、「カリギュラを読むと。食事のイメージがわく」
と思えば、『ひたすら食べている』気持ち悪いシーンを作ってみます。
例えば、「両方に月が出るけど、月って恐いよね」
と思えば、『月について語ったりする』シーンを作ってみます。

こんな感じで、ここからこんなイメージでやってみたいという
シーンを細かに作り、そこに台本の台詞をあててみたり、
肉体で表現してみたりして、1つにまとめたものが
『幻想の虹』なのです。

ですので、みなさまには、虹の幻想を感じていただければ幸いなのです。
1つ1つのシーンをどう感じ取っていただいても正解なのです。

なんとなく、おわかりいただけましたでしょうか?
もし、わからないと思われましたら、ご意見どしどしお寄せ下さい。

みずよりまゆみ
|11/20| 演劇コメント(3)TB(1)
今日は雨ふりです。
冬の雨って、ひゃっ、つめたい。
出演者の皆様もこのブログをお読みの貴方様も、
風邪などひいて、こじらせぬよう、
ご自愛下さいませね。
牧山さんはすでに鼻声ですが。

話は変わって、祝!
全てではありませんが、構成前の台本が配られました。
いままでエチュード等で役者さんが作ってきたシーンが連なっているのですが、
台本という形で改めて見てみると、こんなにたくさんシーンが出来ていたんだ、
皆さんすごいなー、という感じです。
倉迫さんが「カリギュラ」や「サロメ」の本を参考に、セリフを手直ししているのが絶妙。
(役者さんはセリフ入れが大変です)
すごいっすね、倉迫さん!
あれ、倉迫さん? いない。
台本が配られたのですが、今日は倉迫さんはお休みでした。
なので、
台本をもとに、役者さん中心でシーンの自主稽古です。

こちらは、大井さんと果南さんと藤谷さんで、両手に花、なシーンの稽古。
セリフと動きの計算が大変なようです。

こちらは、真弓さんが熱い抱擁をしています。(芝居の稽古です。)
さて、お相手は?
って、本番をお楽しみに。

こちらは、八代さんと牧山さん。それぞれセリフ入れをしています。
セリフの入れ方がひとそれぞれで面白いです。

またまた変わって、こちらはzupaの男性陣。大井さん、八代さん、牧山さんが、
あああ、絡みあっている、かたまりになっている!

自主稽古が一段落すると、素敵な団欒の雰囲気で、
新しいエチュードをしました。
写真はその様子。

IMGP0366.jpg


楽しそうですねー。でも、ちがうんです、本当は、、、、、が行われてます。
それを終えて、
いまの時点で出来ているシーンを全て流してやったら、
終わりにして飲みにいこう
という話になりました。
こうして、まとめて見ると、本当に盛りだくさんで、
おいしいものを様々つまんだという気になります。
倉迫さんがそれをどう並べていくのでしょうか?
むむ

私はその後の飲み会に行けなかったのですが、
どんな飲みになったんでしょうねー。
どなたか、聞かせて下さいませ。


浅野



|11/20| 演劇コメント(0)TB(0)
今日は照明の木藤さんから、
zupaの皆さんへ差し入れがありましたー。
「柿」です。旬です。
「柿って、だいすきー」と真弓さん。
「西って、どっち?」と藤谷さん。
「熟した柿を凍らせると、旨いよ」と八代さん。
ほー、おいしそう。皆さまも試してみては?

今日は大井さんと果南さんがお休みだったので、
牧山さんと真弓さんペア、八代さんと藤谷さんペアに別れて、
それぞれシーンの作りこみをしました。
牧山さんと真弓さんは、
どうやら、牧山さんが書いてきた台本に基づいてシーンを作っている模様。
私も台本を見せてもらいましたが、そのロマンにしびれました。
さすが『カブ)牛乳や』作・演出!!!
八代さんと藤谷さんは、
倉迫さんの指示に基づいて、新しいシーンを作ってる模様。
脇で見ていた真弓さんが「もっとエロく」と言っています。
何回も繰り返して、ああなったり、こうなったりして、
稽古間に「裸エプロン」話を挟みつつ、
とてもアダルトな(大人なという意味ですよ)雰囲気のシーンが出来上がりました。

といっている間に、倉迫さんが大体の台本を書き上げた模様。
うおー、パチパチパチ!
明日の稽古には全員に配られる予定です。
もう、やめられない、止まらない、
フルスロットルなzupaの稽古場です。


IMGP0360.jpg



浅野

|11/18| 演劇コメント(2)TB(0)
今日は私め、はやめに稽古場にいって、
準備でも、しーよおっと思っていましたら、
おやおや、稽古開始三十分以上前にもかかわらず先客が。
『花組芝居』の八代進一さん、大井靖彦さん、のお二人でした。
稽古場に『花組芝居』のお二人だけという取り合わせが珍しくて、
二人の会話に聞き入ってしまいました。
ふむふむ、なるほど。
詳しい内容?それは、秘密です。

今日は昨日まで詰め込んできたシーンを消化していく時間になりました。
一つの稽古場の中で様々なシーンの稽古や話し合いが行われるため、
同時にいろんな声が聞こえてきます。
「ばかやろ、おめえ」
「めいびい」
「月のものが」
「私、殺したの」
「それ、わくー」
かたわら、倉迫さんはパソコンに向かって、台本を整理しているのですが、
台本に集中してるのかと思いきや、
「まっきー、そこのそのことばは聞き取りづらいかも」と、アドバイス。
注:まっきーとは牧山さんのことです。
意識を分散させているのですね。すごい。

シーンがある程度ブラッシュアップされるとその都度発表になります。
そのシーンが即興で出来た時から見ているので、
登場人物のキャラクターがどんどん深くなって、
関係がはっきりしてくるのが、よく見えます。
お、カリギュラがこーなったかー。あ、ケレアが某タレントに見えてきた。
ひ、シピオンがぞんざいに扱われている。
シーンのセリフの原案を持ってくるのは役者さんなのですが、
そのシーンの温度や質感にあった論理に従って、
言葉を引っ張ってくるのはすごいなあと毎回思います。
それをもう一段ブラッシュアップさせるのが倉迫さんのお仕事。
早く、全体の構成が見たい!!!

稽古が終わると、
昨日お客さまから差し入れられたカップラーメンの山の前で悩む人々が。
身体と頭を使ったあとは、おなかがすきますよねー。
私も一つ頂戴いたしました。
ごちそうさまです。
では、またあした。


浅野
P1000263.jpg

この写真は、劇場の舞台から、2階を写したものです。
|11/18| 演劇コメント(0)TB(0)
P1000273.jpg

お客様から差し入れを頂きました。
ダンボールいっぱいに入ったカップラーメンです!
全部種類が違うんです。
役者さんたちは、「これがいい!」「あたしこれ!」
「あたしも! じゃんけんね!」
と言いながら、楽しそうに物色していました。
明日から、潤いますね!
大井さんが写真を撮りたいというので、こんなふうに撮ってみました。
差し入れ、ありがとうございました!

さて、今日も昨日に引き続きシーンを明確にしていく
稽古でした。
様々な組み合わせのシーンを見ているうちに、
倉迫さんが「全員でやるのが欲しいなあ」とぽつり。
そこへすかさず真弓さんが「◯◯みたいにしたらどうよ?」
と案を出します。提案が出てくるのが早いですねー。
どうやらこのやりとりで、今まで1つ1つのシーンの繋がりが
あやふやだったところのとっかかりが、見えてきたようです。
倉迫さんの中の理論と、真弓さんの中の感覚は、
相性が良いのですね。
このやりとりを現場でやっているので、
他の役者さんたちも意見が言えるし、理解が早い。
考えて見れば、今回初めて集まった方たちなのに、
何か、1つの輪が見えています。
私もこの輪の中に入って、『幻想の虹』という作品を
つくりたいと思います。

浅野
|11/17| 演劇コメント(0)TB(0)
P1000269.jpg

倉迫さんがフル回転です。
この3人でこれを、この2人でこれ、
今度はこの2人で、そこでこの2人があれを、
と次々と役者さんを組み合わせてはシーンの指示をしています。
ハイスピードです。
「ここからここまでを全部覚えて下さい」
と台詞を指定され、ボーっとする真弓さん。
ちゃぶ台の前で台詞を確認する八代さん。
「俺、段々理不尽に慣れてきた」と言う牧山さん。
うひゃひゃとおどけている藤谷さん。
一人離れてサロメを読んでいるカナミさん。
そんな中からぼそっと
「1度にそんなに言われてもできないなあ」
と大井さん。
「思いついた時に言わないと、僕、忘れるんです」
と倉迫さん。
そんなやりとりは見ていて面白いです。

細かいイメージシーンが繋がり、作品の流れができていきます。
既成台本をそう扱うかとは違った進め方は、先が読めません。
それが、今回の見所になるんでしょうね。

浅野
|11/16| 演劇コメント(0)TB(0)
IMGP0348.jpg

こんにちは~。
寒くなって来ましたね。
しかし、zupaの熱いX'masが近づいてきています!あ、鈴の音がすぐそこに。
そして、稽古場のテンションががぜん上がってます!
なぜって、、、

本日は全員で公演を行う劇場であります
『pit 北/区域』の見学に行ってきたのです!
『pit 北/区域』は王子駅近くにある、
作りがとてもユニークなスペース(バルコニーがあったりします!!)です。
役者さん方は、
「面白いね」「こっちから出られるかな」「ここをこう使うのもありだね」
などといいながら、舞台や客席をさまざまな角度から見たり、写真を取ったり、歩き回ったり。
照明の木藤さんは「いや~、難しいね」といいながらも、顔はとても楽しそう。
制作の河合さんは、設備や席数などを抜け目なくチェック。
倉迫さんは静かに空間と会話中。
どんな空間ができあがるのでしょうか?
私もわくわくして、そわそわして参りました。
お楽しみに!

逸る気持ちを抑えて、稽古場に戻り、
今日は倉迫さんからこの作品の構想メモについて、話がありました。
作品の底に流れている主題のような事を、全員で確認して、
役者さん方は今まで出来たシーンをひたすら稽古。
おー、一つの流れができてきたんですね!
倉迫さんは台本を書くためにパソコンに向かってひたすら思考をめぐらしています。
「回路は開いてんだけど、いろいろなことが混沌と渦巻いている」
何かのきっかけで、パズルのように物凄い台本が組み上がっていく予感がします。
本番を楽しみにしていてくださいっ!!


浅野
|11/15| 演劇コメント(0)TB(0)
06-11-13_17-42.jpg


道行く人にまみれて激写、ミーハ―なカナミです。

「だってー綺麗だったんだもん♪
   それぉをー眺める人の顔がぁワクワクしてたんだもんッ

って言ったら行きつけの飲み屋で罵られた私・・・。

でもこの作品もそんな風に見てもらえたらなぁ、
私的にはイベント感覚…  っって言ったら怒られるのか・・・。

木枯らしが吹きましたね。
夜明けも遅し。
この稽古、深酒せずにいられませんOFFの日も…独り。
|11/14| 演劇コメント(0)TB(0)
P1000252.jpg

稽古十三日目は自主稽古のため、いつも日記を書いてくれる
浅野ちゃんに変わり、言い出しっぺの水寄が書きまする。

ノルマは4つ。
各々始められる事から開始です。
・・・・・・・・・・・・。

内容が書けないので、どうしよう。

そう、寒かったからお茶を飲みながら稽古してました。
・・・・・・・・・・・・。

今日は、大井クンがお休み。
・・・・・・・・・・・・。

カナミが一人で椅子を転がしていた。

無理です。
自分も稽古していたので、他の人が何をしてたか見ていないのですもの!

と、言う訳で、衣裳の竹内さんが採寸にいらしたので
その写真を撮ってみました。

ああ、そういえば稽古とは関係ないけど、昨日稽古終了後に
みんなで飲みに行ったんですね。
1杯だけ、といいながら結局終電まで飲んでました。
なので、今日、みんなの顔がむくんでました。

以上 みずより
|11/13| 演劇コメント(0)TB(0)
P1000251.jpg

休憩室にて、真弓さんが倉迫さんに語っています。
「昨日アイーダ・ゴメスのサロメを見てさ、気になるところがあったんだよね。
で、それをこんな感じでやってみたらどうかな?」
またもや新たな提案をされています。
どんなことになるんだろう・・・?
と稽古場へ。

まずは、肉体を意識するということで、テーマのある動きが始まりました。
感じ方は個々違います。
次は、先程の提案を試す事になりました。
基本的には役者さん任せで作って行きますが、
今日は倉迫さんが大張り切りです。
「そこはもっとこんな感じでやってみて。」
と自分でやってみせています。
30分程経ってから、発表が始まりました。
なるほど、こういうことだったんですね!(詳しく書けなくてすいません)
制作の河合さんもその迫力にぼーっとしていました。
想像力って、考える力って尽きないなあと感じます。

そして、前回やったイメージシーンを3パターン試しました。
どれも面白い!

今日はずっと照明を落として稽古していました。
つまり、そんな感じの作品に近づいているのですね、倉迫さん?

そうそう、今日は八代さんが手作りのお稲荷さんを作ってきてくれたんですよ!
とーっても美味しかったです。
料理ができる男性っていいですね。
ごちそうさまでした。

浅野
|11/12| 演劇コメント(0)TB(0)
今日はお稽古お休みでごじゃります。
ビデオを見なくちゃ!
連絡しなくちゃ!
買い物行かなくちゃ!
洗濯しなくちゃ!
と思いながら、くうーっと寝てしまいました。

稽古場にはいつもお菓子があります。
頭を働かせ、体を使うとお腹が空くんです。
とくに、甘いものが食べたくなります。
八代くんは、なぜかいつもどこかのお土産のようなものを
持ってきてくれます。やたら美味しいです。

明日は、花組芝居さんのハナオフお芝居を見に行きます。
その後、稽古です。
明日の報告はまた、選出助手の浅野ちゃんから・・・・。

みずよりまゆみ
|11/10| 演劇コメント(0)TB(0)
P1000249.jpg


今日はアップ中の真弓さんが、
バレエの一番ポジションに足を開いて、
足の内側をくっつけようと奮闘のもよう。
そこに、藤谷さんがあらわれて、
「くっつけてあげようか?」
藤谷さんは普段から子供たちに教えているそうで、
さまざまな技が!
すると、一瞬で目に見えた変化!真弓さんの足がびやーっと開いた!
脇で見ていた八代さんも、
「俺も足開きたいんだよね」
写真は施術の様子です。足を押されて大回転中。
お、やはり目に見えて変化がありました。

今日も引き続き『サロメ』で、
倉迫さんが『サロメ』の中からセリフを抜粋して、
出演者メンバーをさまざまに組み合わせて、シーンを作りました。
いままではエチュードを中心にやってきたので、
書かれたセリフを言うというのは、今日がほとんど初めてでした。
「セリフをしゃべる」というのは、エチュードの時とはまた違う雰囲気です。
「うれしい~、セリフだ~」
と牧山さん。水を得た魚のよう。
倉迫さんはシーンを見ながら、脚本を思案中のご様子。
脚本が出来たら、セリフを覚えるという作業もありますね。
稽古も残り約1ヶ月。
一体どうなっていくのか!?

ぜひ皆様見にいらして下さい!!!
お問い合わせは zupa_miku@yahoo.co.jp まで。


浅野
|11/09| 演劇コメント(0)TB(0)
P1000247.jpg

今日は、倉迫さんが来るまでの時間に、
リアクションに困るほど色々な声がきこえてきました。

牧山さん「昨日のエチュードやって、改めて俺は男なんだなあと思った」
真弓さん「ゆっくりお風呂に浸かったから身体がよく動くーーー」
果南さん「トータス松本かっこいい、ナプキン五枚!」
藤谷さん「昨日帰りに自転車が突き刺さってきて、私の自転車がぐにゃあってなった~」
八代さん「『愛の嵐』っていう映画みたんだけど、『サロメ』がでてきてびっくりしたよ」
果南さん「私、『愛の嵐』大好き!!!特にあのシーンにエロを感じる」
(と、八代さんと果南さんで実演)

『サロメ』と『カリギュラ』の稽古場らしい雰囲気ですね。

倉迫さんが到着すると、稽古開始。
どうやらこのシーンは男女に別れるみたいです。
写真は男性陣バージョン。
マキヤマ青年とヤシロっさんが弁当片手に地べたで議論しています。
女性陣バージョンもなかなか面白いシーンになってます。

その後、真弓さんを講師に、
「いじめられる身体」講座です。
うわっ、ひどい、
痛そう、
残酷だ、かわいそう
と、いろいろな声がとびますが、
「これは技だから、全然痛くないのよ」と真弓さん。
飛んだり、ころげまわったり、結構皆さん楽しそうにやっています。
牧山さん、テンション高過ぎです!
そんな役者さんたちをやはり嬉しそうに眺める、倉迫さん。

そろそろ、脚本にするという段階に入るようです。
ここからは倉迫さんの腕のみせどころ!!!
お楽しみに。

浅野
|11/09| 演劇コメント(0)TB(0)
P1000246.jpg

稽古場に着くと、今日はバレーボールではなく、
何やら話し合いが始まっておりました。
耳を傾けると、「俺はMだな~」「何これ、すっごいやだ!」
など聞こえてきます。
いったい今日は何をするのでしょうか。

倉迫さんが到着し、その話し合いの発表が始まりました。
・・・なるほど、そーゆー事だったんですね。
男性が女性を◯◯◯というのがテーマだったらしいです。
1回やって、更に深めてまた発表。
1回目よりわかりやすく、深いシーンになりました。
皆さん、こつを掴むの早いです。

その後、前にやったシーンのブラッシュアップ。
写真はその稽古です。
これもまた人が変わると随分雰囲気が変わりました。
誰がどのシーンをやるのか、倉迫さんは頭を抱えて
悩みそうです。

浅野
|11/08| 演劇コメント(0)TB(0)
映画「カリギュラ」を見た。

ボカシだらけでもう画像がなんのこっちゃ×××
聞く所によるとボカシ無しの完全版があるらしい。
ボカシボカシ書いてたら、まるで私それ目当てみたいではないか☆

確かにエロかった・・・
っていうか、原作と8%位しか合ってない。
確かにエロかった・・・
むしろ「カリギュラ」って名前しか合ってない。

「幻想の虹」もそんな作品になって・・・・・・・・・
・・・・・・・・・。

私よく開眼するのですが、
<先日の開眼>
私の人生でこの人以上 初対面から開いてる人はいないんじゃないか?!
って位笑顔の素敵な、いや、そもそも「笑い顔」の村井さんの名前が
「大井さん」だったと開眼。
この2週間は一体ッ!
誰かツッコめよ~★
|11/07| 演劇コメント(1)TB(0)
P1000245.jpg

今日も稽古場をのぞくと、
やっぱりバレーボール風景。
と、思いきや、
かたわらで、藤谷さんと八代さんが話し込んでいます。
昨日やった『サロメ』のエチュードを進めている模様です。

今日も昨日と同様、
エチュードで出来たシーンを何回も、何回も繰り返して、
「サロメ」像や「ヨカナーン」像を深めていきました。
倉迫さんはもちろん、出演者同士でもお互いのエチュードについて、
わいわいがやがやと意見をいっている様は、とてもにぎやかで楽しげです。
今日は、いつ「ぺろん(?)」するのか、どんなニュアンスで「ぺろん(?)」するのか、
で大論議が巻き起こりました。
個人的嗜好がちらっちらっと垣間見えてきたりして、どきどき(?)です。

写真は、zupaの我等がエース!!!の水寄真弓さんです。
稽古場のムードメーカーで、真弓さんの持ってくるアイデアは斬新でどれも面白いです。
エチュードで真弓さんが時々見せる、真っ直ぐなサディスティックさには、
くらくらしてしまいます。

浅野
|11/06| 演劇コメント(0)TB(0)
P1000238.jpg

今日の稽古前、出演者さん方の間では
映画の『カリギュラ』話に花が咲いていました。
私はまだ見ていませんが、
聞き耳をたてた限り、相当エロいらしいです。
むむむ、皆さんが見ているなら、見なければ。

今回の舞台の照明を担当する木藤歩さんがちょうど稽古場にいらしたので、
木藤さんも交えて、
毎度おなじみ、バレーボールの時間です。
木藤さんは初めて加わったのですが、すぐに出演者の方々と息があってきて、
連続50回を達成しました!すごい!
本番でも、木藤さんと出演者の皆さんの息のあったところが見られそうですね!
楽しみです。

今日は『サロメ』に立ち帰って、
掘り下げていくという作業が行われました。
同じエチュードを何度も繰り返しながら、
出演者同士が話をして、
そのシーンの輪郭がはっきりとしていきます。
内容は詳しくは言えませんが、
今日は男女ペアで、
映画版『カリギュラ』に負けないくらいのあんなことやこんなことが
行われました。
ああ、牧山さんと真弓さんが、、、。
果南さんが、大井さんに、、、、。
本番をお楽しみに。

写真は大井靖彦さんです。
エチュードの一場面、他人に追い詰められた状況で見せる表情が、
牧山さん曰く「エロカワイイ」、とても色気のある俳優さんです。

浅野
|11/05| 演劇コメント(0)TB(0)


今日も張り切ってバレーボールから稽古がスタート。
ついに100回連続パス達成しました!すごい!
皆さん、汗だくです。
次の目標は200回?

今日も昨日に引き続き、『カリギュラ』の稽古です。
役者さんから、倉迫さんから、様々な提案が出て、
なんと10個近くのエチュードを試しました。
お題が出て、役者さんがかたちにして、
倉迫さんから指示がでて、役者さんがまた作って、と、
どんどん出来たものが変わっていく光景は爽快です。
役者さんのその柔軟性や
次々に出されるお題に反応する想像力には毎日驚かされます。

写真は、
zupaではホラー好きで知られる、藤谷みきさん。
そんな藤谷さんが、エチュードで作るキャラクター設定は、
どれも不思議で、ひきこまれてしまいます。
「面白い人がいると、ついていっちゃう」(藤谷さん談)
そんな普段からの人間観察力がキャラクター作りの秘訣なのでしょうね。

明日もすごいスピードで変化していくのだろうなあ。
目がまわります。

浅野
|11/03| 演劇コメント(0)TB(0)
P1000237.jpg

お休みが2日あって、今日はカリギュラの稽古です。
八代さんも書いていらっしゃいますが、皆さんからの提案をもとに、
エチュード稽古で倉迫さんが様子を見ています。
どうやらサロメより苦戦している模様・・・・。

とはいっても楽しんでしまう役者さんたち。
あーでもないこーでもないと言いながら、倉迫さんそっちのけで
進んだりしています。
それを楽しそうに見ている倉迫さん。
形になるのはいつ頃でしょうか?
ハラハラドキドキと見ておりますが、誰も焦っていないのです。
さすが、ベテラン役者さんたち!パチパチパチ(ほめ過ぎですか?)

稽古中テンションが人一倍高い牧山さんは、最初のバレーボールから
動きまくっているので疲れたようです。
そこをパチリ。
怪我をしないようにして下さいね。

浅野
|11/02| 演劇コメント(0)TB(0)
エチュード(即興芝居)でいろいろな発想をしている。

でもおれら花組芝居は、稽古のための稽古はやらずに、
本番に向けた稽古しかやらないので、
花組芝居の生え抜きであるおれは、なかなかエチュードの機会がなかったから、
あんまり得意じゃないんだよねぇ。

牧山くんや真弓ちゃんの発想の豊かな事は本当に感心するし尊敬する。

つまんない男だよねぇ、おれ。
でも楽しい!!
だから許して!(笑)

ヤシロ
|11/02| 演劇コメント(1)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。